理学療法学科の竹林秀晃学科長滝本幸治先生の研究が、

「生命(いのち)の基金」に採択されましたきらきら

 

公益信託高知新聞・高知放送「生命(いのち)の基金」は、

難病や障害と闘う個人や団体、医療・研究活動に取り組む人

たちを助成する事業です★

 

 

 

 

竹林学科長の研究テーマは「中高齢者のサルコペニア肥満

と運動機能との関係」ですびっくり健康増進の意識向上や筋力

トレーニングを指導し、サルコペニア肥満(加齢や疾患に

よる筋肉量の減少=サルコペニア=と肥満をあわせ持つ状態)

の予防を目指します顔

 

 

滝本先生の研究テーマは「歩行動揺計を用いた認知機能検査

に関する研究」ですびっくり 広く地域在住高齢者に認知機能検査を

行い、早い段階での受診など認知症対策や予防を推進しますハート

 

 

土佐リハは今後も地域医療への貢献につながる研究・活動

をしていけるよう頑張りますびっくり

 

 

 

 

 


※高知新聞3月30日付朝刊

 

===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp

☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

 

理学療法学科の奥田教宏先“痛みのメカニズム”について

研究をしています虫メガネ この内容をより深めるために平成27年より

高知大学大学院に通い、この3月に、医科学修士課程を修了

しました卒業

 

さらに、「高知大学 卓越した学業成績優秀者」に奥田先生

選ばれ、授賞式に出席しましたおめでとう この賞は、高知大学の各学部

及び大学院生の中から数名ずつ、特に優秀な学生として選出

されるものであり、大変名誉ある賞ですきらきら

 

 

 

今回、高知大学大学院医科学専攻より推薦され、2年間の

大学院における学業成績と研究成果が評価されました☆

今後とも研鑚を続け、学生への教育にも活かせるよう

頑張ってもらいたいと思います!!

 

 

===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp

☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

 

11月26・27日に高松市で第45回四国理学療法士学会

開催されました。学会には本校理学療法学科の教員

はじめ、卒業生も参加しました^^)/

 

 

 

 

理学療法学科教員は3名が研究発表を行いました。

 

竹林先生

「自己身体像の視覚外乱刺激は感覚の重みづけを変化させる」

 

 

滝本先生

「Dual Taskによる歩行能力と認知機能評価の有用性」

 

 

奥田先生

「心理社会的要因による痛み関連脳領域の変化」

をテーマに、熱のこもる発表をしました。

 

 

 

本校卒業生の発表では、女性の活躍が目立ちました。そのうち

高知大学医学部附属病院に勤務する高橋みなみさん(16期卒)は

「内科的治療中の婦人科がん患者に対する運動療法の効果」

について研究発表をしました。
婦人科がんのリハビリをテーマとした研究は目新しいため、

高橋さんは聴講していたベテラン理学療法士から、今後も継続的に

研究して欲しいと激励を受けました

 

 

 

 

土佐リハでは教員、卒業生、男性、女性の区別なく、

皆が一緒に研究活動に取り組んでいます!!

 

===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp

☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

 

9月26日〜9月30日までの間、横浜(パシフィコ横浜)で

国際疼痛学会(16TH World Congress on Pain)

開催されましたきらきら

本校理学療法学科の奥田教員が参加し、高知大学医学部

共同研究している内容について発表しましたびっくり

 

 

 

 

 

 

内容は

「Modulation of nociception by social bonds

in monogamous prairie voles: Fos expression in the

spinal cord and the brain “pain matrix” under

conditions of inflammatory pain.」

 

(社会的な刺激を変化させることより痛み刺激の

感じ方がどのように変わるか)

 

という基礎研究です発見

発表時には、質問者も多数傍聴し非常に賑わっていました。

1時間の持ち時間だったのですが、好評を博し、15分延長

となりましたおめでとう

 

 

 

 

 

 

国際疼痛学会は世界各国で毎年開催されている学会です地球

色々な国から多くの参加者が集まり、どのブースでも熱い

ディスカッションが飛び交っていました!!

来年はボストンで開催されます星

 

 

 

 

===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp

☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

 

リハビリテーション教育の効果的な方法を探る

「第29回教育研究大会・教員研修会」が18日〜20日、

香川県高松市で開催されました星

本校から 4名の教職員が参加し、初年次教育や臨床力を高める

専門教育プログラムなどについて理解を深めました顔

 

 

 

 

研究大会では、本校学生支援室の畑田室長「初年次教育

問題点と解決法」をテーマとしたシンポジウムの座長を

務めましたマイク

シンポジウムでは、教員が学生に対して専門職の魅力を

継続的に伝え続けるメリットや、学生の学習習慣定着を

図るための指導方法について紹介がありましたきらきら

 

 

 

 

 

 

そして、本校理学療法学科の竹林学科長は、臨床実習の

評定と学力成績の関連性について研究発表を行いました!

竹林学科長のポスター前には、終始多くの参加者が質問に訪れ、

意見交換していましたよつば

 

 

 

 

また、大会では本校を卒業後、大学教員として活躍している

卒業生も研究発表を行っていましたびっくり

今後も本校では、学生の10年後を見据えた教育を実践するため、

教育方法を研究していきますきらきら

 

 

===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp

☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

 

5月27日(金)〜29日(日)に北海道札幌市で開催された、
「第51回日本理学療法学術大会」に理学療法学科の
竹林秀晃学科長・滝本幸治先生・奥田教宏先生
参加してきました
きらきら





本学会は、理学療法士学術大会の全国大会であり全国各地から
多くの
理学療法士が集まります★
学会では、各専門分野における研究発表講演が行われました♪


本校からは、竹林学科長が、「加齢が下肢の視覚誘導性
関節運動調節に及ぼす影響」
について、滝本先生
「Walking Stroop Carpetによる認知機能評価の有用性
―自治体事業における地域在住高齢者を対象とした検討―」

について発表しましたびっくり





会場は非常に賑わっており、竹林学科長滝本先生
発表時には
聴講者が多く参加し、熱いディスカッション
交わされていました
!
会期3日間、朝から夜まで新しい知識を得られるよう多くの
理学療法士が参加
していました☆



===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp

☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================
JUGEMテーマ:専門学校選び

地域住民の健康問題やスポーツの現状について研究
している
日本体力医学会の若手研究者は3月下旬、
土佐リハビリテーションカレッジで
研究発表を行いましたマイク
この発表会は、本校理学療法学科の講師とつながりのある
県内外の
若手研究者たちによって開催されましたnull



日本体力医学会には、医師理学療法士といった
医療専門職以外に、
スポーツ関係者なども会員として
在籍しており、
様々な専門職が集まって学術研究
展開しています
きらきら





当日は、本校理学療法学科奥田講師「痛みと
ストレスの関連性」
について研究発表を行い、竹林学科長
滝本講師も聴講しました!! 他にも、ヒトの姿勢スポーツ
選手を照らす照明器具
など、運動を取り巻く様々な事柄
研究テーマとして取り上げられ、参加した研究者たちは分野や
職種を超えて
意見交換・情報共有をしました★


===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp


☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

11月29・30日に松山市で開催された「第44回四国理学療
法士学会」
で、本校理学療法学科の奥田先生、竹林学科長、
宮本校長
が登壇しました
!
奥田先生は、「第43回四国理学療法士学会奨励賞」を受
け表彰されました
きらきら





受賞テーマは、高齢者の転倒因子と片脚立ち能力の加齢
推移に関する研究」
です
null 本研究は昨年度の学会で発表され
たものの中で傑出しているとの評価を得ました
★ 奥田先生は
「受賞の嬉しさを次の研究への励みにしたい」と意気込ん
でいました
びっくり





竹林学科長は、腕や脚の同時動作と脳の運動制御機構」
について発表しました
マイクその研究成果には熱心な参加者から質問
が相次ぎ、活発な議論が交わされました
目





高知県理学療法士協会の会長でもある宮本校長「理学
療法士の将来と展望」
と題したシンポジウムの講師として
参加しました
びっくり宮本校長は、少子高齢社会の中でセラピス
トは如何に貢献すべきか
を聴衆に語りかけました
顔





土佐リハの教員は、これからも学会活動の牽引役を積極的に
担っていきます
頑張る



===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp


☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

国各地の病院・教育機関で働く作業療法士が中心となって執筆した
「臨床 OT ROM治療〜運動・解剖学の基本的理解から介入ポイント
・実技・症例への展開〜(三輪書店)」
に、
本校作業療法学科の片岡聡子先生箭野豊先生執筆協力しました
本






この本では、人体の関節の種類や構造、そして症例と合わせて治療
におけるポイントを具体的にまとめています。片岡先生と箭野先生
が執筆したのは、肩甲骨(けんこうこつ)や上腕骨、鎖骨(さこつ)
などを含む「肩甲帯(けんこうたい)」と呼ばれる部位についてです
目







肩甲帯は、体幹(体の内側にある筋肉)と密接な関係があり、上半身
部分だけでなく下半身の筋肉とも連動しています。例えば、肩甲帯に
含まれる肩甲骨の動きを滑らかにすることで、バスケットボールや野
球、武道などのスポーツで、選手のパフォーマンス力が向上したとい
う研究報告もあります
null








片岡先生と箭野先生は「同じ疾患でも、患者様によって症状は大きく
違います。障害が生じている部位とあわせて、全身の動きを見据えた
リハビリテーションの提供ができるよう、学生指導にも力を注ぎたい
です」
と話していました
顔



===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp


☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び

5月16・17日の2日間、山梨県で開催された「第27回活動分析
研究大会
」に、本校作業療法学科の片岡聡子先生箭野豊先生
参加しました。片岡先生と箭野先生は、日頃取り組んでいる研究
から得られた結果なども踏まえて、臨床場面で活かせるリハビリ
テーション方法を発表しました
マイク






片岡先生は、脳梗塞などの後遺症として多い片麻痺の患者様に着目
した「起居(ききょ)動作」について発表しました。片麻痺の患者
様は、片側の腕や足が麻痺しているため、重心の移し方や姿勢を保
持することが困難です。
患者様の身体能力を引き出し、よりスムーズな動作ができるよう、
片岡先生は「人が無意識に行う動作」や「体を支える面」、「起き
上がり動作のバリエーション
」の3要素に着目したリハビリテーシ
ョン方法を、実技も交えて発表しました
ハート





そして、箭野先生は「OT室によくある道具シリーズ」と題し、
片麻痺の中でも重い障害を抱えた患者様に対する、積み木を用いた
リハビリテーション
について発表しました
キラキラ






積み木は形や大きさが異なり、更には「並べる」や「ひっくり返す」
など、様々な動作を引き出すことができます。そのため、PT・OT・
STがどのように患者様の関節や姿勢を維持させるかで、筋肉や骨の
動きは異なってきます。箭野先生は、手先だけでなく、全身の動きに
つなげるリハビリテーションの重要性
を強調していました
発見






この研究大会では、ポスターやプレゼンテーションによる研究発表
だけでなく、実技動作を交えた意見交換、そして知識・技術を高める
ワークショップなども開催され、全国各地から約1,000名のPT・OT・
STが集まりました
人






特にすべての症例発表において、患者様の動きや生活などの「質」に
も着目し、変化を追うために治療内容や患者様の状態を動画に記録し
それを提示すること
が特徴です。
活動分析研究会の本大会は毎年山梨県で行われますが、今年で第27回
を迎え、現在では全国の31都道府県に活動分析研究会が発足されてい
ます
キラキラ
高知県では片岡先生が高知県活動分析研究会の代表を務め、本校卒業生
を含め、県内各施設のPT・OT・STが集い、月1回の勉強会を開催して
います。在校生が参加してくれることもあります
♪



===============================
☆学校資料請求・お問い合わせは…
土佐リハビリテーションカレッジ
〒781-5103
高知県高知市大津乙2500番地2
 TEL 088-866-6119  FAX 088-866-6120
 Mail tosareha@tosareha.ac.jp
 URL http://www.tosareha.ac.jp


☆本校ブログをご覧の皆様へ
   本校ブログは、土佐リハビリテーションカレッジが運営する
    公式ブログです。このブログで使用している文章、写真、
    イラストなどは、すべて土佐リハビリテーションカレッジに
    帰属します。つきましては、このブログで使用している全て
    のデータの無断使用を禁じます。
 ===============================

JUGEMテーマ:専門学校選び


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM